猫の病気_条虫症
猫の条虫症の症状と原因 ほとんどの場合、症状らしい症状は現われません。しかし、猫が排便後に肛門の周りにくっついた便の中で白くて小さな片鱗を見つけることがあります。 瓜実条虫・猫条虫・マンソン裂頭条虫などがおもな条虫です。寄生虫は、楕円形を一列にたくさんつなげたような形をしています。 場合によっては長さが約1mにもなります。条虫が寄生する場所は腸の中になります。感染してしまうと下痢をしたり、吐いたりします。 条虫は頭の部分で増殖して体を伸ばしています。そして卵をたくさん含んでいるからだの後の方をちぎって便の中に卵を排出します。 検便でこの虫の卵を見つけることは難しい。普通は便の表面や肛門の周囲に付着しているのを直接確認します。 この白い小さいものはちょうど米粒のような形・大きさをしています。瓜実条虫の感染はノミが媒介してきます。 ノミの幼虫が瓜実条虫の卵を食べて、その卵はノミに消化されることなくノミが成虫になるまで生き残ってしまいます。 瓜実条虫は成虫になると動物の血を吸うようになります。血を吸われている動物は毛づくろいなどをしたときにノミが口に入り食べてしまいます。 そして食べられたノミはそのまま消化されてしまいますが、その中で生きていた瓜実条虫が新しい宿主としてその動物に感染するのです。 したがって、瓜実条虫に感染している動物は必ずどこかにノミがいるはずです。逆にノミに感染している犬・猫はこれから感染する危険性がある、または既に感染している可能性があります。 猫の条虫症の治療 虫の一部の確認と糞便検査、駆虫をします。飼っている猫すべてに対して数ヶ月間、ノミの駆除を続ける必要があります。