犬の病気_マラセチア
♪マラセチア ●犬の皮膚がベタベタしている。 ●脂っぽくて、赤く腫れてしまい、かゆがっている。 上記の行動がペットに見えるなら、それは「マラセチア感染症」の可能性を疑っても良いでしょう。 ♪カビ マラセチアは、真菌(カビ)の一種(酵母菌)で、犬の皮膚に寄生する常在菌です。 通常、ほとんどの場合は無害ですが、 具合が悪かったり免疫が弱まっていたりして健康バランスを崩すと、異常繁殖しやすくなります。 マラセチアは乾燥を嫌います。 通常、口周りや首、耳(耳介)、わきの下や下腹部、陰部周辺など暖かく適度に湿度のある場所に寄生し、 皮膚表面に付着するフケやアカに含まれる皮脂分を栄養源として生きています。 ♪発症しやすい犬種 比較的しわの多い犬種(パグやフレンチブルなど)は顔やたらだのシワの間にフケやアカがたまりやすく、 マラセチアが増殖しやすいと言われている犬種です。 ♪治療 マラセチアの異常繁殖を抑えるためには、抗真菌剤の投与が必要となるため、 薬用シャンプーで洗ってあげることが効果的です。 細菌感染には抗生剤の投与をすることになります。 しかし、もしアトピー性皮膚炎など何らかの基礎疾患がマラセチア感染症を引き起こしている場合には、 その両方の治療が必要になってきます。 加えて、アトピーとマラセチアの治療法は異なるため、もし併発していてアトピーのみの治療を行っていた場合は マラセチアを悪化させてしまうことになりかねませんので自己流で治療を始めるまえに必ず獣医師に相談しましょう。 マラセチアを異常繁殖させる原因は皮脂分に富んだフケやアカです。 そこの過剰な皮脂分を取り除くための薬用シャンプーを用いて定期的に洗ってあげることが治療には必要不可欠となります。