犬の病気_皮膚の病気
♪犬の皮膚病とは 高温多湿の日本では皮膚病を患っているわんちゃんは非常に多くいます。 かゆみを伴うことが多いので自分で引っかいたりなめたりして余計悪化する場合も多々あります。 皮膚炎は原因を特定することが非常に難しく、 アレルギーが原因で発症する場合もあれば、発情の周期やストレスから引き起こる場合もあります。 食べもののアレルギーから皮膚疾患が起こることもあるのです。 皮膚病かな?と思ったらまず獣医さんに相談しましょう。 ♪皮膚病になりやすい時期 人間と同じように、秋になり寒くなってくると乾燥が原因で皮膚病が増えるようです。 ♪皮膚疾患が起こりやすいといわれている犬種 柴犬、シーズー、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、シェットランド・シープドッグ等が 比較的皮膚病になりやすいと言われています。 系統があることから遺伝的な要因も関わっていると考えられています。 しかし、動物にも皮膚病やアレルギーを潜在的に持っていて環境の変化により突然発症するということもあるようです。 また、皮膚病は完治が難しいので、ペットの少しでもかゆみを軽減させてあげるためには、 まず原因を特定し、与える食餌に気をつけたり薬用シャンプーを併用して改善させます。 ♪皮膚病改善 皮膚病は改善させるのには長い時間がかかります。 アレルギーの原因となる環境や食べ物を探り、それを生活からできるだけ排除するようにします。